趙ワルエムの日記

気が向いたときに記しますw


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
栄光の敗者たち
 今は亡き、近鉄バファローズの選手や首脳陣たちについての本だ。

日本一にはなれなかったが、個性派が勢ぞろいだった球団であり、いまだに著者のようなファンも多い・・・

元巨人の選手では、コンコルド打法で有名な淡口外野手(定岡正二がトレードを断って引退したので代役で移籍・・・しかし故郷は兵庫だったのでむしろ水が合ったか??)について書かれてあるね・・・

残念ながら、89年日本シリーズで近鉄相手に完封を含む2勝した香田投手については書かれていないが、そのうちに・・・だろう!!
晩年は近鉄でプレーしたからね・・・

石井内野手も懐かしい選手だ。近鉄から巨人にやってきたが、怪我に泣かされ続けたんだよな・・・
あの野茂投手と同期!!

北海道出身の鈴木外野手、盛田投手の豪傑ぶりも懐かしい・・・

しかしまあ、プロ野球選手は傲慢なのが多いんだね・・・
世間を知らないと言うか。

ただ、世間の荒波を知ってからはようやく心を入れ替えるけど・・・

オールスターでなぞの組織票で選出された、遊撃の準レギュラーだった安達内野手もいたねw
意地のヒットを放ったのだが、組織票の正体は義理の父が有力者だったからのようで・・・

当時の近鉄の遊撃手は、仰木マジックで日替わりだったしなぜ・・・って思ったなw
そういうからくりがあったなんてw

プロ野球オタクは、一読するべき!!

評価:
佐野 正幸
長崎出版
¥ 1,680
(2007-02-20)
コメント:懐かしい近鉄バファローズについてです・・・
| waiemu | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まっすぐに蹴る

評価:
佐竹 雅昭
角川書店
¥ 1,470
(2003-12)
コメント:K−1の腐敗ぶりがわかりますねw
武蔵との対決で謎の敗戦を喫し、K−1を去った佐竹。

K−1の番組では、彼の名前は全く出てこないね・・・

まあ、石井館長武蔵角田のことがいろいろと書いてありますわ・・・

月給5万円でこき使われたって、明らかに労働基準法に触れるでしょ??

石井館長って、本質的にアレな方なんですねwww

テレビ出演が多かった時期は試合が出来なかったということをはじめて知ったね・・・

その前までは、ドクターストップがかかっているのに、石井館長はどんどんマッチメークするという守銭奴っぷりを発揮・・・

恐ろしい世界ですわ・・・

K−1の後にはプロレスでブッチャーと対決したようでwそれも2回も・・・
いずれも負けというブックだったようでw






| waiemu | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
New entries
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Profile
Categories
Archives
自転車愛好家のSNS
Links
Admin
Genius Party